院長ブログ

山本耳鼻咽喉科(東京都町田市)院長によるブログ。
黄昏のみなとみらい
昨日は所用があって横浜みなとみらいに行ってきました。横浜は、私が生まれた街で、大学生まで過ごしました。大好きな故郷です。
街全体が東京にはない独特の雰囲気に包まれています。
夕暮れだったのですが、明暗のコントラストが美しかったです。
心が洗われた気持ちになりました。またがんばろう!
| - | 23:55 | - | trackbacks(0) |
街の中で・・
最近街中で、患者さんによく出会います。特にクリニックがある町田駅周辺では、買物などで半日くらい散策していると必ずといっていいほど誰かにお会いします。

<一般的なシーンを再現>
すれ違いざまにお互いに気づく
「あら、山本先生」
「あー○○さん、こんにちは。最近調子はどうですか?」
日常会話(今から何処に行くとか、最近腰痛がひどいとか・・)を数分、〆に
「では調子が悪かったらまたきてください」
って感じで終了

まあ医療に限らず、街中でよくある光景だと思います。
ただ、時々私が気づかないで、患者さんだけが認識していることもあるようで、後日受診された時に
「先生、この前そば屋さんでカレー食べてたでしょう?」
とか
「居酒屋で、顔がタコ入道みたいに真っ赤でしたよ」
って言われると、妙に恥ずかしくなります。別にカッコつけてるわけじゃないけど・・
もし私をみかけたら、お嫌でなければ遠慮しないで声をかけてくださいねラブ

以前の話ですが、あるレストランで身内の食事会をしていた時のことです。隣の空テーブルにお若い家族が案内されたのですが、2歳くらいの女の子が着席して、たまたま私と目が合った瞬間、大号泣してしまいました。
何だろうと思ったら、その子、うちの患者さんで、鼻吸いが大っ嫌いな子でした。
子供用の椅子に体がしっかり固定されていたので、逃げるに逃げれずパニック状態、というか阿鼻叫喚の巷と化してしまいました。
白衣じゃなくて私服を着ていても分かるんですねー・・悪魔のような私の存在が・・冷や汗
いつも思うのですが、子供の感性って鋭いですね〜

| - | 00:41 | - | trackbacks(0) |
久しぶりの更新です
皆様、大分ご無沙汰してしまいました。
気がついたら2年もブログを更新していませんでした。
患者さんから時々「ブログが止まっているけどー」と叱られることがあり、「そろそろ復活しないとヤバいかなあ」と思ってはいたのですが・・

2年ってあっという間のようでもあり、でもワタしは2年前は40歳代、今は50歳代、この差はやっぱり大きいですね〜
振り返ってみると、40歳になったときは体力、気力など全く衰えを感じませんでしたが、50歳になった時は、色々と変化を感じました。トホホ・・
悔しいので年齢を聞かれたときは「永遠の30歳」と答えるようにしています。
そういえばこの前、幼稚園生の子に「先生何歳?」と聞かれて「君より20歳くらい上かなあ」と答えたら、その子のお母さんに爆笑されました。ちょっとビミョーかも・・

そんなどーでもいい話は置いといて、
2年間何をやっていたかというと、診療効率の向上を求めて、院内の改革をずっとやっていました。ちょうど2年間に、改革第一弾として電子カルテシステムの総入替えを行いました。これが予想していた100倍くらい大変で、職員全員を巻き込む大混乱、院内は大炎上となり、ブログが停止するきっかけになったというワケです。

院内改革の成果と言っては大袈裟ですが、写真上段は最近の診察室です。
何だかモニターだらけで、まるで電気屋さんのようになってしまいました。
当院を開院当初から知っている患者さんから見ると「なんじゃこりゃ〜」と思われるかもしれません。
ちなみに下段が開院時の診察室です。机の上にパソコンが3台ありますね?実を言うとホントは2台しかなかったのですが、格好悪いので、もう1台自前のパソコンを持ってきて、無理矢理ディスプレイして見栄はってました。
開院した時がはるか昔のように感じます。

というわけで、定期的にブログを更新する予定ですので、よろしくお願いいたします!

最近の診察室

開院時の診察室
| - | 00:23 | - | trackbacks(0) |
インフルエンザ流行中


クリスマスも終わり、今年もあとわずかになりました。
1年ってあっという間ですねー。こんな感じで加速度的に年をとっていくワタシ・・

そんなことはさておき、最近インフルエンザが猛威をふるっています。
例年ですと、年明け頃から流行するイメージですが、今シーズンは早いです。

やはり高熱が出ることが多いのですが、37度くらいの微熱で「念のために検査しましょう」とお話しして、やってみたら「ゲゲー!陽性じゃん!」というパターンが意外とあります。

ここまで流行すると、普段どこで感染するかわかりませんね。
私は電車で通勤しているのですが、人で混雑している車内にいると「こりゃー移るよなー・・」とリアルに感じます。

ちなみに「クシャミ」のスピードって時速約800キロってご存知ですか?ジェット機並みのスピードです。
インフルエンザに罹っている人が、マスクをしないでクシャミをしたら、一瞬でウィルスが車両中にまき散らされるでしょう。まさしく生物兵器に匹敵しますね。

不幸なことにインフルエンザに罹ってしまったら、素直にあきらめて外出は絶対に控えましょう。

そういえば私が小学生くらいのときは、インフルエンザの検査もできなかったし、タミフルのような特効薬もありませんでした。急に発熱して悪寒、そして関節痛。病院に行ったら「これは流感(古い言い方)だねー」っていわれて、氷枕やってひたすら寝てたような・・
今考えれば、インフルエンザ以外に考えられないですよね。

私が医師になって数年後にインフルエンザの検査ができるようになり、「スゲー!」と思ったのを記憶しています。
医学の進歩はすごいですね。



↑  ↑  ↑
インフルエンザA型です。ちなみに私の次女・・
| - | 23:08 | - | trackbacks(0) |
町田リス園
連休中に町田リス園にいってきました。以前にテレビで紹介されていて、一度行ってみたいと思っていましたが、今回初めての訪問です。

入り口をはいると中庭のようなスペースがあり、モルモット、ウサギ、シマリスなど動物別のコーナーに分かれていています。

ふれあいコーナーで、モルモットさんにエサ(キャベツ&ニンジン)をあげてみました。モルモットっておとなしい動物のイメージがあったのですが、エサをあげようとすると、我こそはと群がってきて、「ふれあい」というよりは「うばいあい」の様相ですたらーっ



中庭の奥に進むと、リスを放し飼いしている大きな広場があります。ひまわりの種を売っていて、リスさんに直接あげることができます。
広場の中に入ると、家族連れを中心にとても混雑していました。
リスより人間の数の方が多いような・・リス園ではなくて「ヒト園」ですね。

近づいてきたリスさんにひまわりの種をあげてみました。両手で種を抱えて、一瞬で殻を外してしまいます。凄まじい勢いで次から次へと口の中に放り込んで行きます。頬の袋に入れて溜め込んでいるのか、ゴックンしているのか分かりませんが、一気食いってヤツですね。「オレ、こんな食い方したら病気する・・」小動物だから種存続のために必死なのかもしれません。



一回りしたところで退場しました。

リス園の道路を挟んだ反対側に薬師池があります。薬師池といえば、町田市のゆるキャラ「ハスのん」の出身地です。
最初にハスのんを見た瞬間、一目惚れしてしまいましたときめき。性別は「不明」だそうですが、私の中では断じて、断じて女性です!(女性というか、メス?)
ぬいぐるみが欲しくて探していたのですが、実は存在しないことが判明しました。残念!市役所の方、商品化を心からお待ちしています!

「ハスのん」の情報へリンク
※正確には町田市のエコキャラクターだそうです。町田市のエコに絡んだイベントに出没するようなので、今度会いに行くのん!(ハスのん語で決め!)
| - | 18:08 | - | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ 山本耳鼻咽喉科
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ